妻の私がローンを組みました

現在32歳の事務職の私が今までで一番大きな買い物は昨年の夏に購入した家です。

契約社員で手取り16万ほどしかないにもかかわらず、中古の一戸建てを無理してでも購入したのは、今年の2月に産まれた息子のためです。結婚して1年たち子供を妊娠したものの年下の主人の働く飲食店では給与が安いこともあるのですが、勤続年数と会社の信頼がないのでローンの審査がおりず少ない給与ながら大手の会社員であった私が単独でローンを汲むことになりました。

それまで住んでいた賃貸のマンションではこれから私が働けなくなって主人だけの給与では払い続けられなかったので、思い切って中古の一戸建ての購入をしました。都内から埼玉の田舎に引越ししたこともあり、それまでの8万円の家賃から半額の4万円の月々の支払いになりました。そのおかげでなんとか主人だけの給与でも生活はできています。

私がローンを組んだ代わりに主人にはバイクと車を手放してもらいました。もともと購入した先の駐車場には入らないものでしたし。自動車税も大型で高いのとバイクは全く乗っていなかったのですぐに処分するように約束しました。これから子供にもお金がかかるので次に買うなら軽自動車のみと約束しています。

家のローンを組むのにあたっては、私がそれまで特に車のローンなどもなく奨学金くらい借金がなかったので、銀行の有事実行までの間に携帯代などのひきおとしのとりこぼしがないようにきをつけました。

また様々なサイトを見て携帯の分割購入なども審査にひっかかる場合があると読んだので、しばらく機種変更も我慢しました。家のローンを組んだときにすでに妊娠中でしたので、万が一それを理由に仕事をやめたりするのではないかと思われるとこまるのでできるだけお腹の目立たない服などを着て不動産屋さんや銀行の担当者に会うようにしていました。

とにかく融資実行までは残高をきちんと確認してクレジットカードなどもできるだけ使わないようにしていました。どれがよかったのかはわかりませんが無事に有事実行で家の購入ができてよかったです。中古の物件のためこれからメンテナンスでお金がかかるかもしれませんが親子3人でとりあえず暮らせていけるので購入できてよかったと思っています。

前のアパートだったら置くスペースがなかった五月人形を購入して、玄関に飾っています。息子が貧乏な思いをせずすくすく育ってくれることを祈ります。

※購入したのはここ・・・五月人形・節句人形※おしゃれでコンパクトなのに安いネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です