なぜか重なる突然の出費

毎日チラシとにらめっこして献立を考えたり、日々の生活の中でなるべく無駄をしない様に心掛けてても突然の出費に慌てふためく事があります。

それは冠婚葬祭。特にお葬式です。結婚式など喜ばしい事は前々からわかっているので余裕をもって用意していますが、お葬式だけは突然で全くもって準備ができません。

それが一年に二度三度と重なった年はもう大変な事です。自分の身内ならちょっと立て替えてもらう事はできますが、旦那側の親戚の場合だとそうも言っていられません。お花代や香典で五万円は出て行きますし、四十九日でまた香典にお供え物。遠方だと交通費もかかるのでかなりの出費になります。

そういう時はなるべく支払いを延ばせるものは延ばしますが、そうもいかない時は主人にオリックス銀行のカードローンを仕方なく利用してもらいます。本当は余計なローンは使いたくないですが、生活がどうにもこうにもならない時は仕方ありません。

私は専業主婦で、正直働きに出ればパートでも少しは稼げるのでしょうが、旦那が外に働きに行くのを良しとしない頑固な人なのでどうしても現金が必要な時はカードローンを利用するしかありません。少しずつボーナスなどの時に多く返したりしてローンを減らしていってはいますが、やはり微々たるものでどうしても時間がかかってしまいます。

まだまだ家のローンや、旦那の思いつきで買った蓄電池のローンなど色々あって中々ゆとりが出るところまではいけません。それから、お葬式と同様に突然やってきて困るのは病気での入院や通院、治療費です。

一度かかって終わりなら良いですが、病院に通わなけりゃいけなくなって、しかもお薬にお金がかかってくるとそれこそ家計は火の車です。いくら高額医療費控除や生命保険でお金が出るとしても全額というわけにはいかないので、結局はお財布を圧迫してきてしまいます。

やはり金銭的に余裕が無いと、命の危険が無いのなら通院や治療を途中でやめてしまった事があります。本当はいけない事だとは思ってますが、やはり日々の生活には変えれませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です