念願の大きな冷蔵庫

私が22歳の頃に冷蔵庫をローンを組んで購入した話をします。私が18歳の頃から使っていた冷蔵庫がある日急に壊れて使えなくなりました。冷凍の機能が全く起動しなくなり治すのに修理に出すのもなーと思い、私は近くの電化製品を扱っているお店に修理をしてくれないか聞きにいきました。

しかし、お店の人に聞く前に私が目にしたのは新しい大きな冷蔵庫でした。私は前前から大きな冷蔵庫が欲しかったのです。あればもっと冷蔵庫を広々と使えるしぎゅうぎゅうに押し込まなくてもストレスはたまらないし、沢山買ってきてももう冷蔵庫に入らないだろうなーという心配もなくなるだろーなと思いながら新しい冷蔵庫を見ていました。

そんな私に店員さんが声をかけ、「どうですか大きな冷蔵庫いいですよね。」と私に話しかけてきました。私は「いや今日は冷蔵庫の修理に関してきたんですが・・・」というと店員さんはどんどん強気で私に冷蔵庫を進めてきました。

私もだんだん考えが変わってきて前から欲しかったし、新しい冷蔵庫買っちゃおうかなーと少し考えながら色々な冷蔵庫を見て回りました。するとワンタッチで開く両開きの冷蔵庫がらありました。私は一目惚れしたかのようにくぎ付けになり、大きな冷蔵庫を一括ではなく借入して購入しました。

数日後に冷蔵庫が我が家にきて私は毎日冷蔵庫を開けたり食材をしまうのが楽しみになりました。我が家の家電製品で一番高いなと思いました。返済は2年半ぐらいで月々1万いくかいかないかの支払いでした。生活をするにはそんなに苦ではないぐらいでしたのでよかったです。

最初は支払い長いよなーとか、月々いったいこんなにも高い冷蔵庫がいくらぐらいになるのかなーとか考えていましたが、いざ話を具体的にするとローンを組むことにより月々支払いを安くすませ尚且つ自分が欲しかった冷蔵庫まで買えたので本当によかったなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です